ミノマイシンの通販

ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質です

ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質です。

テトラサイクリン系の抗生物質は、タンパク合成阻害薬です。

細菌の生存や分裂に必要なタンパク質を作らせないようにして、菌の動きを止める医薬品です。

タンパク質を作る際に使われる「リポゾーム」という成分にくっついて、タンパク質が作られるのを阻害します。

われわれ人間の細胞も生きていくために細胞内にあるリポゾームでタンパク質を作りますが、タンパク合成阻害薬は菌に特徴的なリポゾームにくっついて作用するのが特徴です。

抗生物質とは、「微生物が産生する物質のうち、他の微生物の発育を阻害する化学物質」と定義されています。

世界で最初に抗生物質が発見されたのは1929年のことです。青カビから単離されたペニシリンが最初ということは有名な話ですね。

この発見を契機としてさまざまな抗生物質が探索・合成されることになったのです。

抗生物質がもっとも威力を発揮するのは感染症に対してです。

赤痢・結核・コレラなどに代表される感染症は脅威とされてきました。

特に結核は日本においても非常に猛威をふるいました。20世紀前半では死因のかなりの割合を占めていたほどです。

結核の特効薬と呼ばれる抗生物質が開発されたことで、その死亡率はグンと減りました。

これにより、今まで不治の病とされていた結核はそれほど怖い病気ではなくなったのです。

抗生物質が人類に多大に貢献した一例ですね。

テトラサイクリンは優れた抗生物質です。

このおかげで今日では感染症で死亡する人はかなり少なくなっています。

抗生物質は医薬品の中でも、化学療法剤というものに分類されます。

化学療法とは化学物質を用いて病原となる寄生生物もしくは悪性腫瘍物を宿主の生体内で発育阻害・死滅させる治療法のことを指します。

抗ガン剤なども化学療法剤の一種です。

抗生物質で現在用いられているものは、かなり副作用の少ないものになっています。

風邪の際に処方される抗生物質は、風邪のウィルス自体には効果がありません。

ウィルスと細菌では構造が全く異なるため、抗生物質ではウイルスは倒せないのです。

抗生物質は風邪による免疫力の低下がもとで発生する感染症の予防目的で、処方されるのが通常です。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ