ミノマイシンの通販

ミノマイシンをリウマチの治療に処方される場合

抗生物質の一種「ミノマイシン」とは?

ミノマイシンとは、ミノサイクリンを主成分とするテトラサイクリン系抗生物質です。

主に細菌性の感染症治療に用いられ、グラム陽性菌・陰性菌、マイコプラズマやクラミジア、リケッチアなどに効果を発揮します。

ミノマイシンの成分は細菌の蛋白質合成を阻害し、細菌の増殖を抑制する効果が期待出来ます。

その為、細胞壁へ作用する事で細菌の繁殖を食い止めるペニシリン系・セフェム系の抗生物質では対処する事が出来ないマイコプラズマやクラミジア、リケッチアにも有効とされているのです。

さて、このミノマイシンが処方されるケース、つまりは適応症に関してですが、上記したような細菌類の感染症となるのですが、適応症以外の場合にもミノマイシンが処方されるケースがあります。

それが、「リウマチ」の治療です。

リウマチは細菌性の感染症ではない為、本来ミノマイシンが使用される目的には適合しません。

しかしながら、ミノマイシン(ミノサイクリン)には優れた抗炎症作用が多数あり、免疫抑制作用も併せ持つ事で知られています。

コラーゲン活性、ホスホリパーゼA2活性、フリーラジカル産生などを抑制する働きがある為、慢性関節リウマチに見られる種々の炎症過程を阻害する効果が期待出来ます。

これらの理由から、ミノマイシンがリウマチと診断された患者さんに処方される場合があるのです。

ただし、これは飽くまでも例外的であり、必ずしもリウマチの治療にミノマイシンが適合するかと言えばそうではありません。

リウマチには様々な抗リウマチ薬があり、本来はそれらが使用されるべきです。

リウマチにミノマイシンが処方される場合は、他の抗リウマチ薬による肺障害などの副作用が危惧される場合にのみ適用されると考えるべきです。

しかし、ミノマイシンの長期服用には幾つかの問題点があり、特に小学生以下の小児にミノマイシンを処方する事は基本的にあってはなりません。

ミノマイシンには骨に対する副作用があり、成長過程にある小児の場合、歯牙に黄色い色素沈着などが認められる場合があるからです。

とはいえ、これにも例外があり、様々な理由から他の抗生物質が適応しなかった場合、例外的にミノマイシンを小児に処方するケースはあります。

その点に関しては、患者さんとそのご家族の方の理解がとても重要ですのでご注意下さい。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ