ミノマイシンの通販

ミノマイシンの軟膏について

テトラサイクリン系のミノマイシンは、細菌の増殖を抑える抗生物質です。

軟膏として用いられるのは主に歯科です。歯周炎に対して用いられます。

内服の際は食欲不振や吐き気、そして倦怠感、さらには光線過敏症、出血性腸炎、偽膜性大腸炎などが起こることがまれにあります。

さらにまれに腎障害、ときに血液障害、けいれん、意識障害もあります。

また乳幼児では歯の着色などの副作用が出ることがあります。

軟膏の場合はごくまれに、塗った部位に痛みを感じることもあるようです。

抗生物質は大きく分けて、殺菌剤と静菌剤に大別されます。

前者は菌を直接死滅させる物質ですが、後者は菌の発育を抑制する物質です。

静菌剤は薬が無くなると菌は再度増殖を始めてしまうところが前者と異なります。

ミノマイシンは静菌剤です。

テトラサイクリン系のミノマイシンは。効果のある菌の種類が多い、つまり抗菌スペクトルが広いのも特徴です。

抗生物質関連で最近よくとりあげられるのが薬剤耐性菌増加問題です。

昔と違って抗生物質が効かない菌が増えてきたようです。

光合成機能を持たない菌は、培地から栄養を摂取して増殖します。

そこに他の菌が介入してくると当然自分の栄養が減ります。

ここで菌は抗生物質を使用し、他の菌を排除して自分の領地を確保しようとします。

つまり抗生物質は、微生物が自分の身を保つ為に、進化の仮定で獲得した産物なのです。

抗生物質は菌に対して抑制的に働きます。菌は自分に害を及ぼすものを克服すべく変異・進化します。

ということは、抗生物質を沢山使うと、それに対して抵抗性を持つように、菌は進化してしまいます。

菌のように単純な生物だと進化のスピードも速く、かなりすさまじい勢いで耐性が獲得されてしまうのです。

ミノマイシンはそんな中でも依然として対応できる細菌の種類が豊富なため、様々な症例に対して使用されています。軟膏はもちろん、無い服用もあるのです。

細菌に対して大きな効果を発揮するミノマイシン、たよける構成物質といえるでしょう。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ