ミノマイシンの通販

ミノマイシンとムコスタの併用の注意点とは

ミノマイシン(ミノサイクリン)とムコスタ(レバミピド)の併用と副作用。

これらの薬の併用に関して、副作用を心配されている方が安心して服用出来るよう薬剤の解説を交えて回答致します。

先ず、ミノマイシン(ミノサイクリン)ですが、これは抗生物質の一種で、特に細菌性感染症の治療に用いられる薬剤です。

ミノサイクリンは、感染した細菌が蛋白質合成を行なうのを障害し、増殖を阻止する効果のある成分で、グラム陽性菌・陰性菌の他、マイコプラズマやクラミジア、リケッチアにも有効とされています。

次に、ムコスタ(レバミピド)ですが、コチラは胃の粘膜を丈夫にし、胃酸の刺激から胃を保護する薬剤です。

おもに胃炎や胃潰瘍などの治療・予防に処方されます。

さて、これで二つの薬剤としての効果は、大まかに理解して頂けたかと思われます。

しかし、重要なのはここからです。

この二つの薬剤の併用については問題があるのか否か。

結論から言ってしまえば、相互の成分に干渉する恐れは無く、含有する成分への影響はありません。

つまり、併用しても問題は無い、とういう事です。

むしろ、ミノマイシンを含む他の薬剤が胃に与えてしまうダメージをムコスタが予防的に防いでくれる筈です。

しかし、注意点が一つ。

薬理から考えれば確かにそういった結果にはなりますが、薬剤は投与される患者さんによって奏効が得られるかどうか個人差があります。

そして、同時に副作用を発症してしまう人とそうでない人にも分けられます。

ムコスタは胃の粘膜を補強してくれる為、胃の炎症から来る吐き気などから患者さんを守ってくれるお薬です。

しかし、この薬剤に過剰反応などが起こった場合、逆に別の理由から吐き気や下痢などの副作用を生じさせてしまう可能性も否定出来ません。

そして、ミノマイシンにも過剰反応が起こった場合には同様の副作用が起こる危険性があり、安全性が必ずしも確保された物では無いという言い方も出来ます。

ただ、これは全ての薬剤に対して言える事であり、この二つの薬の併用に限定した話ではありません。

ミノマイシンとムコスタを併用するのは一般的で非常に良くある事ですが、そういった副作用が多発しているという事もありませんので安全性は高いと言えます。

飽くまでも“安全性は高いが、必ずと確約出来る物ではない”という事です。

ミノマイシンとムコスタを併用した際に吐き気や酷い軟便に襲われた場合は、過剰反応による副作用の可能性がありますので主治医に相談してみる事を強くお薦めします。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ