ミノマイシンの通販

ミノマイシンとミノペンの違いについて

テトラサイクリン系抗生物質の「ミノペン」についてです。

「ミノペン」はテトラサイクリン系の抗生物質で、主に細菌性の症状治療に用いられる薬剤です。

主成分であるミノサイクリンは、細菌の蛋白質合成を阻害する事で増殖を防ぎ、感染症の症状回復を促します。

同じ主成分を持つ「ミノマイシン」という薬剤の後発薬で、具体的には、慢性気管支炎、性行為感染症のクラミジア症などに広く使われている物の一つです。

所謂、“ゾロ”という物ですね。

ちなみに、“ゾロ”とは先発薬の特許が切れた後に同じ成分で作られた後発薬の事を言い、呼び名の由来は“後発薬は、後になってゾロゾロ出てくるから”だそうです。

ただ、このミノペンに関しては製造元が沢井製品という事もあり、品質は十分に高く、信頼出来る薬剤だそうで、ゾロというような呼び方は少し失礼に当たるかも知れませんね。

さて、話しが脱線してしまいましたが、このミノマイシンやミノペンという薬剤はある理由から病院各科で治療薬として処方されています。

細菌性感染症の治療に用いられる薬だと言いましたが、抗生物質として有名な物だと、ペニシリン系やセフェム系抗生物質があります。

ですが、これらの抗生物質は細胞壁を持つ最近にしか効果を発揮しません。

ですから、マイコプラズマやクラミジア、リケッチアのような細菌には効果が期待出来ないのですが、ミノサイクリンを主成分とするミノマイシンやミノペンは細菌の蛋白質合成を阻害する事で増殖を抑制する抗生物質ですから、それらに対しても非常に有効であるという特徴があるのです。

抗生物質というのは、このように必ずしもどれが秀でているかという事は一概に言えず、適応症が異なるので“どの抗生物質が、どの細菌に対して有効であるのか”が重要になります。

そして、投与される患者側に奏効があるか否かでも処方される薬剤は変わってくる物ですから、その点は覚えておいて下さい。

一応の為の追記として、ミノペンの併用禁忌に触れておきますと、牛乳やミネラルウォーター、金属イオン含有の胃薬などとは併用しないように注意して下さい。

食膳に服用をし、上記した物を口にしたい場合には最低限二時間以上間隔を空けてからにしましょう。(理由は、成分の吸収率が低下する為です)

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ