ミノマイシンの通販

ミノマイシンと牛乳の飲み合わせは禁止です

ミノマイシンを服用する際には、牛乳は飲んではいけません。

ミノマイシンは牛乳の中のカルシウムと結合します。すると吸収されなくなってしまいます。

ミノマイシンという抗生物質を飲む時は、お水か白湯で飲むのが望ましいのです。

どうしても牛乳などの乳製品をとりたい場合には、時間をずらすなどの工夫を行うようにしましょう。

豆乳のカルシウム含有量は牛乳の1/3程度ですが、多めに飲むのであれば時間はあけた方が良いでしょう。

他には、アーモンドやピーナッツのような食品に含まれるマグネシウムがミノイマイシンとくっついても吸収されなくなってしまいます。

マグネシウムが多く含まれる食品には、アーモンド、大豆、ピーナッツ、納豆、かき、ほうれんそう、いんげん豆、かつおなどがあります。

それらの食品とミノマイシンの組み合わせは必ず避けるようにしてください。

ミノマイシンの効果がかなり薄れてしまうからです。

ミノマイシンがカルシウムやマグネシウムと結合すると、小腸から吸収されにくくなってしまいます。

このような現象は、ミノマイシンのみを食前に水で服用することで避けることができます。

また、カルシウムに結合するという性質からは、思いがけない副作用も生じてしまいます。

ミノマイシンを子供(特に8歳未満)に投与すると、歯が黄色くなってしまう、という副作用が報告されているのです。

これは、ミノマイシンが歯の成分であるカルシウムに結合してしまって、歯がミノマイシンの色である黄色に染まってしまうからです。

子供は、歯がどんどん成長している時期なので、カルシウムとミノマイシンが結合しやすい状態になっているのです。

ですから、歯に着色してしまうようです。

この副作用を防ぐため、「子供へのミノマイシンの投与は、ほかの抗生物質が効かないような重大な症状のときに限る」よう、使用上の注意に明記されています。

ミノマイシンはとても有効な医薬品ですが、その使用方法は正しくすることが不可欠です。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ