ミノマイシンの通販

ミノマイシンの抗生物質としての効果

ミノマイシンは、細菌を殺菌する抗生物質です。

幅広い種類の細菌に効果を発揮することから、いろいろな科において、たくさんの患者さんの治療に役立てられています。

抗生物質であるミノマイシンは、テトラサイクリン系に分類されます。

患者さんの病気が、セフェム系抗生物質やペニシリン系抗生物質でも効果を得られないリッチケア、マイコプラズマ、クラミジアだとしても、ミノマイシンで治療することができます。

ミノマイシンを投与するときに、注意すべきポイントがあります。

まだ幼いお子さんや赤ちゃんなどが患者さんの場合は、抗生物質が必要でも、マクロライド系抗生物質を試してみて効果が現れないなど、他に手段がないとき以外は、使用してはいけません。

理由は、まだ歯が成長し終えていない年齢で投与してしまうと、歯が黄色く変色する可能性があるからです。

お子さんが小さい時期だけでなく、授乳中のお母さんや妊娠中の女性も、原則的に使用してはいけないことになっています。

もっと具体的には、妊婦さんが妊娠中期以降に入ってから、ミノマイシンを用いた場合、赤ちゃんが黄色い歯になってしまうことが考えられます。

利用期間が2週間を上回った場合、さらに確率がアップします。

妊娠中の女性に、ミノマイシンを含めてテトラサイクリン系統の抗生物質が投与されることはないということです。

授乳中のお母さんも、処方しない方がいいと考えられていますが、もし他に治療方法がないというときには薬をあきらめるのではなく、授乳を中断します。

抗生物質はいろいろな治療に役立てられていますが、近年では抗生物質があまり効き目を発揮しない細菌も出てきているということです。

肺炎球菌は、中耳炎の原因となるものですが、その中の70%近くは抗生物質に対し抵抗力を備えているのだそうです。

耐性菌を増加させないための働きかけとして、欧米諸国の病院では、安易に抗生物質を処方しないようになっているようです。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ