ミノマイシンの通販

ミノマイシンと嫌気性菌の関係とは

嫌気性菌は、酸素がない環境でも生き続けることが可能な細菌のことです。

2種類に分類することができ、酸素がある場所でも生育できる条件的嫌気細菌と、酸素があるところでは逆に生きられない偏性嫌気細菌です。

嫌気性菌は、人間や動物の消化管内や、極限環境である深海底などにも、たくさんの嫌気性細菌が生息しています。

反対に位置するのが、好気性細菌となります。

消化器感染症には、肝性昏睡、腹膜炎や胃腸系感染症、胆道系感染症、口腔内感染症があります。

口腔内感染症では、口腔領域における化膿性疾患が、3:7の比率で起炎菌の嫌気性菌と好気性菌があります。

嫌気性菌に多いのは、ペプトストレプトコッカス属、ペプトコッカス、ストレプトコッカス属です。

好気性菌に多いのは、コリネバクテリウム属、スタフィロコッカス属、ストレプトコッカス属です。

混合感染が発症することもたくさんあります。

第一世代セファロスポリンが著効します。

それ以外でも、ミノマイシン、クリンダマイシン、エリスロマイシン、ペニシリン系のどれかでもいいということです。

ミノマイシンは、顆粒タイプとカプセル・錠剤タイプとがあります。

使用方法は、医師からの指示に従うようにしてください。

一般的なカプセル・錠剤タイプの摂取方法は、成人の患者さんの場合、ミノサイクリンとして初回に投与する量は力価100mg~200mgです。

次回からは、12時間ごともしくは24時間ごとの間隔をあけて、力価100mgをミノサイクリンとして経口服用します。

絶対の数字というわけではなく、患者さんの症状や体重、年齢などから、適切な用量が割り出されます。

症状の変化などにより、必要に応じて増減されるかもしれません。

ミノマイシンの服用において、考えられる副作用は、個人差はありますが、吐き気や胃の不快感が現れる場合もあります。

比較的多いのは、めまい感や頭痛です。

これらの症状が強くなったら、医師に早めに相談しましょう。

用量を減少するなどの対応がとられます。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ