ミノマイシンの通販

ミノマイシンとインフルエンザの治療

ミノマイシンは抗生物質であり、細菌が育つために用いるたんぱく質の生成を阻止する働きから、病原微生物が増えないように抑制する効果があります。

インフルエンザの治療において、ミノマイシンは必要なのでしょうか。

調べてみると、塩酸テトラサイクリン製剤が有効なものとして、大型ウイルス、インフルエンザ菌、リケッチア、クレブシエラ、大腸菌、淋菌、肺炎球菌、連鎖球菌、ニキビ、クラミジア感染症、セフェム系やペニシリン系の抗生物質によって効果が現れにくいぶどう球菌、グラム陽性菌・陰性菌など、幅広い種類の病原微生物があげられていました。

これとは別に、インフルエンザの治療には抗生物質はいらないことから、ミノマイシンの投与は必要ないと書かれたものもありました。

インフルエンザを発症する人の中には、小さなお子さんもいますが、ミノマイシンは歯が成長期のお子さんが摂取すると、歯が黄色くなってしまうということで、処方されていません。

授乳中の女性や妊婦さんにも、お子さんへの影響があることから、やはり使用を控えられています。

インフルエンザにはタミフルなどでしょう。

病院で診察を受けて、適切な処方箋を出してもらうことが重要です。

ミノマイシンは、顆粒タイプとカプセル・錠剤タイプとがあります。

顆粒タイプが有効なのは、慢性膿皮症、リンパ管・リンパ節炎、深在性皮膚感染症、表在性皮膚感染症、骨髄炎、慢性呼吸器病変の二次感染、肺炎、急性気管支炎、扁桃炎、咽頭・喉頭炎、麦粒腫、涙のう炎、化膿性唾液腺炎、副鼻腔炎、中耳炎、感染性口内炎、歯周組織炎、猩紅熱、オウム病、つつが虫病、炭疽です。

カプセル・錠剤タイプは、慢性膿皮症、リンパ管・リンパ節炎、深在性皮膚感染症、表在性皮膚感染症、骨髄炎、乳腺炎、外傷・熱湯または手術創等の二次感染、慢性呼吸器病変の二次感染、肺膿瘍、肺炎、急性気管支炎、扁桃周囲炎などの扁桃炎、咽頭・喉頭炎などがあげられます。

応用として、ミノマイシンはパーキンソン病などの神経変性疾患や、関節リウマチの治療にも役立てられています。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ