ミノマイシンの通販

ミノマイシンの併用禁忌

テトラサイクリン系の抗生物質の『ミノマイシン』とその併用禁忌。

病原微生物による感染症は、感染者の身体に様々な悪影響を引き起こします。

腫れや発赤、痛みや発熱、その他、臓器などに障害を引き起こす物もあり、放置すれば命の危険を伴う可能性がある物が非常に多いです。

その中でも、ミノマイシンは特に“細菌”に強い効果を発揮する薬剤で、ペニシリン系やセフェム系抗生物質が効果を示さないマイコプラズマやクラミジア、リケッチアにも有効とされる抗生物質です。

同系の中では抗菌力が強く、耐性菌が比較的少ないという特徴を持ち、これまでのテトラサイクリンに比べ1~4倍の抗菌力があると言われています。

またテトラサイクリンが効き難い耐性ブドウ球菌やレンサ球菌、大腸菌に対しても一定の効果が期待出来るとの事です。

この薬剤の薬理は、体内に侵入した細菌の蛋白質合成を阻害し、その増殖を抑制します。

非常に良く効く薬剤ですので広く使われているのですが、この薬剤には欠点も多く、特に副作用と併用禁忌に当たる成分が非常に多いので注意が必要です。

先ず、肝臓・腎臓に持病があるという方、またその臓器の治療を行っているという方は必ず医師に伝えるようにして下さい。

また、服用中の薬がある場合にも医師に伝えて下さい。

加えて、小学生以下の小児に処方する事は止むを得ない場合を除き、基本的にありません。

(成長過程にある骨に悪影響があるとされ、歯牙が黄色く沈着するといった報告がされているのは有名な話しです)

併用に注意すべき成分を含む物は、以下の通りです。

カルシウム剤や鉄剤、胃腸薬(アルミニウム、マグネシウム分を含む制酸剤)
高リン血症治療薬のランタン(ホスレノール)

これらを同時に併用した場合、薬効が弱くなる恐れがあります。

抗凝血薬のワルファリン
強心薬のジゴキシン
リウマチの薬のメトトレキサート
血糖降下薬

これらを併用した場合、副作用が強くな出てしまう危険性が高まります。

ビタミンAとその類似薬を併用した場合、頭蓋内圧上昇を引き起こしてしまう可能性があり、また経口避妊薬などは併用した場合に効果が弱くなってしまう危険性があります。

以上の点に十分注意し、用法用量を守って医師の指示通りに服用するように心掛けて下さい。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ