ミノマイシンの通販

ミノマイシンの半減期について

ミノマイシンとは、主にニキビや皮膚感染症の治療に用いられる広域スペクトル性のテトラサイクリン系抗生物質です。

抗菌スペクトルが他のテトラサイクリン系抗生物質よりも広く、抗菌性は静菌的であるとされる薬品ですね。

日本国外では「塩酸ミノサイクリン」または「ミノサイクリン」と呼ばれており、ミノマイシンは日本に置ける商標名ですので、これらは同質の物とお考え頂いて結構です。

ミノマイシンは生体内半減期が長い為、血漿中濃度が他のテトラサイクリン系抗生物質よりも2~4倍高く保たれる事で知られています。

噛み砕いて言ってしまえば、イロイロな症状に長く効く、という事ですね。

上記した通り、ミノサイクリンはニキビや皮膚感染症に用いられる薬で、ライム病にも効果があるとされています。

生体内半減期が長い為、一回一錠(1カプセル)、一日二回の服用で済み、テトラサイクリンやオキシテトラサイクリンなどに比べて患者の体への負担が軽いという特徴があります。

ミノマイシンは、感染症の原因となる細菌に対して有効で、グラム陽性菌や陰性菌、マイコプラズマ、クラミジア、リケッチアなどの細菌に対して効果を発揮します。

熱がある場合には解熱効果もあり、その汎用性の高さから各科で広く使われているそうです。

同系統の薬の中では特に抗菌性が強いという特徴を持っており、耐性菌が少ないのもミノマイシンの売りですね。

また、テトラサイクリンが効果を発揮し難い耐性ブドウ球菌やレンサ球菌、大腸菌に対しても一定の効果が期待出来るとの事です。

正式な適応症には該当しないのですが、一部では特殊な用法としてリウマチの治療に使用される場合があるようで、他の抗リウマチ薬による副作用で肺障害が懸念される際に有用だとされています。

薬理は、細菌の蛋白質合成を阻害するという物で、その増殖を抑え、静菌的・殺菌的に作用するのだそうです。

このミノマイシンは、用途としてニキビなどの皮膚疾患に用いられるケースが多く、その為に常備している方も多いとは思いますが、非常に飲み合わせが悪い薬品が多いので注意が必要です。

ミノマイシンを処方された際には、必ず事前に現在服用中、または普段から良く服用するという薬について医師に申し出ておくようにしましょう。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ