ミノマイシンの通販

ミノマイシンが肺炎に有効な理由

ミノマイシンはマイコプラズマ肺炎に有効です。

マイコプラズマ肺炎はウイルスと細菌の中間に位置する病原体のマイコプラズマ・ニューモニエの感染でおこる肺炎です。

このマイコプラズマに感染した場合、乾いたような痰を伴わない咳をするようになります。

また発熱は38.5℃を越える高熱を発することも多いです。

さらに頭痛、ノドの痛み、全身倦怠感などの風邪のような症状が出ます。

そのため、風邪と勘違いしてしまうこともあります。

マイコプラズマによるこれらの症状は、幼少児から青年期に多くみられます。

最近では、大人が感染して重症化するケースというのが急増しているそうです。

マイコプラズマ感染症は潜伏期間が2~3週間あります。

2~3週間後に咳や高熱などの症状が現れても、それはすでに多くの人に感染したあとだったりするのです。

症状が悪化すると、咳は次第に激しさを増し、肺炎をはじめ中耳炎や発疹、ときには髄膜炎、脳炎、心筋炎、肝炎を起こすこともある、非常に怖い肺炎です。

非常に症状は多彩でそれゆえに原因の特定は素人には難しいものです。

マイコプラズマの治療は遅れるとなかなかやっかいなものです。

症状として、高熱が出ては下がり、よくなったったかと思うとまた高熱が出るというパターンもあります。なかなかなおらない人がよくいます。

特に高熱が続くと人間は体力を奪われます。合併症を併発しやすいため、早期の治療が望ましいです。

咳のほうはひどくなると胸の圧迫や肋骨にヒビが入るまでの咳になることすらあるのです。

高熱が続いたり咳の症状が激しい場合は、早めに医師の診察を受けて、抗体検査などを実施するべきです。

マイコプラズマ肺炎や気管支炎などにかかると症状が悪化した場合10日~二週間程入院することになってしまいます。

最悪のケースでは実際に合併症による死亡例というのもあります。

当然ですが、対策が早ければ早いほど薬や治療に要する時間も早くなります。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ