ミノマイシンの通販

ミノマイシンの副鼻腔炎での服用について

風邪と副鼻腔炎とミノマイシン。

小学生以下のお子さんが風邪を引いてしまったという場合、中耳炎や副鼻腔炎を併発してしまう可能性があります。

この際に注意すべき点として、まずそのお子さんを何処の科に受診させるか、です。

通常、中耳炎を併発しているのであれば小児科。

副鼻腔炎を併発してしまっている場合には耳鼻科を受診して下さい。

判断の仕方は、中耳炎の場合、とても耳を気にして痛がりますので直ぐに判ります。

副鼻腔炎の場合は、鼻水が止まりませんのでそれを判断基準として下さい。

次に注意すべきは、医師の診察の仕方です。

多くの場合、風邪で受診する科は小児科でしょう。

しかし、小児科の医師が診察する際、耳や鼻などもしっかり検査しているか確認しておくべきです。

単純に風邪と判断して薬を処方されただけでは、中耳炎や副鼻腔炎が治療されません。

ですので、一つ目の注意点で挙げたように中耳炎の可能性を疑う場合には小児科にて耳を痛がっているという点と中耳炎は大丈夫なのかという事を直接尋ねてみると良いでしょう。

三つ目の注意点ですが、これは非常に重要です。

副鼻腔炎を併発してしまっていた場合、耳鼻科に受診するのが最も適切ではあるのですが、問題はその医師に小児を診察した経験があるか否かです。

経験の浅い医師の場合、副鼻腔炎の治療にとミノマイシンを処方する場合があります。

確かに、副鼻腔炎にミノマイシンは有効的で、非常に良く効くお薬です。

しかし、小学生以下の小児にミノマイシンを処方する事は基本的に余りありません。

何故なら、ミノマイシンには小児に服用させた場合、骨格の発育に悪影響を与える事が知られているからです。

小さな子供がミノマイシンを服用すると、特に歯牙が黄色く沈着してしまうといった報告があり、これは小児科医の間では非常に良く知られている話しです。

ですが、耳鼻科の医師によってはそれを知らずにミノマイシンを処方してしまうといったケースが多数あり、その点については親の方で注意深く観察しておくようにして下さい。

もし仮に、小学生以下の小児が副鼻腔炎で耳鼻科を受診した際、ミノマイシンを処方されたのだとしたら、どういった理由でミノマイシンを処方したのか(理由によってはミノマイシンの処方が仕方なく必要な場合もあります)、ミノマイシンが小児の骨格に悪影響を与える可能性があるという事を理解しているのか、それらの点について詳しく尋ねてみて下さい。

場合によっては、別の信頼出来る耳鼻科を受診した方が良いかも知れません。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ