ミノマイシンの通販

ミノマイシンとフロモックスの違いとは

抗生物質として有名な二つの薬剤に関してです。

以前、ミノマイシンとフロモックスについての質問があり、抗生物質としてどちらが優秀なのか、という物でした。

その際、どちらが優秀という事ではなく、対応する細菌がそもそも異なる抗生物質である為、一概にどちらが優秀かという事は言えないと答えました。

しかし、その際に詳しい説明を行っていなかった事もあり、こちらで少しその点に触れておきたいと思います。

では、それぞれの薬について解説して行きましょう。

ミノマイシン:一般名はミノサイクリン。

テトラサイクリン系の抗生物質で、主に細菌による感染症の治療に用いられます。 このテトラサイクリン系抗生物質は、ペニシリン系やセフィム系の抗生物質が効果を示さないマイコプラズマやクラミジア、リケッチアといった細菌に有効であるという特徴があります。 同系の中でも極めて効果が強く、耐性菌も比較的少ないとされています。

フロモックス:一般名はセフカペン ピボキシル。

セフィム系の抗生物質で、主に細菌による感染症の治療に用いられます。 このセフィム系抗生物質は、グラム陽性菌や大腸菌、インフルエンザ菌などグラム陰性菌に強い抗菌力を発揮し、他の抗生物質が効き難い耐性肺炎球菌や耐性インフルエンザ菌に対しても高い抗菌作用を発揮する特徴があります。 副作用が少なく、安全性が高い抗生物質ですが、緑膿菌に効果がないという欠点もあります。

このように、性質が全く異なる抗生物質で、成分も違います。

比較出来る点と言えば安全性程度のもので、同じ抗生物質という枠で括られては居ますが、比較する事自体がナンセンスであるとも言えます。

また、この二つの抗生物質は処方される理由も異なる場合があり、一般的に予防目的で処方されるのはセフィム系のフロモックスではないかと思われます。

また、ミノマイシンは特例ではありますが、リウマチの治療に用いられる可能性があり、抗リウマチ薬の中には重い肺障害の副作用が危惧される物もある為、そういった際に有用だともされています。

以上の点から、抗生物質としての有用性を比較するというのは、そもそも考え方として間違っていると言えます。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ