ミノマイシンの通販

ミノマイシンの抗炎症作用について

ミノマイシンが持つ本来の働きは、細菌を殺菌することです。

多くの治療に役立てられ、さまざまな分野や科が活用しています。

そのミノマイシンに、抗炎症作用もあることが分かってきました。

ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質という骨格を備えており、抗炎症作用はその部分に関わっています。

ミノマイシンの抗炎症作用は、関節リウマチの症状に効き目を発揮するということで、応用として関節リウマチと診断された患者さんに処方される場合があります。

抗リウマチ作用や抗炎症作用がミノマイシンにあるかどうか、まだ未解明なままです。

報告によれば、ホスホリパーゼA2活性化抑制、多核白血球遊走能・貪食能抑制、活性化酸素除去・産生抑制、リンパ球増殖抑制、TNF-a産生抑制などの効果があるということです。

抗炎症作用があると見越して、にきび様皮疹や掻痒の症状がひどくなった場合に、ミノマイシンを1日100mg、1週間~2週間くらい投与するケースがあります。

理由は、ミノマイシンの活性酸素を抑える効果や、P.acnes増殖抑制効果、好中球遊走抑制効果などから、抗炎症作用を期待できるためです。

ミノマイシンの抗炎症作用は未解明ということからも、正式な適応症とはいえませんが、抗リウマチ薬が原因の副作用で肺障害の可能性がある患者さんなどに適しているでしょう。

医師の指導に従い、用量や用法を守って摂取することが大切です。

一般的には、1日に1~2回服用します。

胃や食道を荒らす可能性がありますので、水コップ1杯と一緒に飲むようにしましょう。

よく、牛乳を飲むと胃に膜を貼って守ってくれるといいますが、乳製品や牛乳とミノマイシンを同時に飲むことはやめてください。

せっかく服用したミノマイシンが、体に吸収されにくくなるためです。

乳製品や牛乳を口にしたい場合は、ミノマイシンを服用する時間と、最低でも2時間以上開けるように心がけてください。

病気の症状が重度の場合は、通常より多い分量を投与されるケースがあります。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ