ミノマイシンの通販

ミノマイシンとクラリスの違いについて

クラリス錠は、マクロライド系の抗生物質製剤です。

抗生物質といえばミノマイシンなどもそうですが、ミノマイシンはクラリスと異なるテトラサイクリン系に分類されています。

クラリス錠が効果を発揮するのは、大きく分けて3つに分類できます。

一般感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染症、非結核性抗酸菌症です。

一般感染症の適応性は、顎炎、歯冠周囲炎、歯周組織炎、副鼻腔炎、中耳炎、感染症腸炎、子宮頸管炎、尿道炎、慢性呼吸器病変の二次感染、肺膿よう、肺炎、急性気管支炎、扁桃炎、咽頭・喉頭炎、肛門周囲膿よう、外傷・熱傷および手術創等の二次感染、慢性膿皮症、リンパ管・リンパ節炎、深在性皮膚感染症、表在性皮膚感染症です。

ヘリコバクター・ピロリ感染症の適応症は、早期胃がんの内視鏡的治療後胃のヘリコバクター・ピロリ感染症、特発性血小板減少性紫斑病、胃MALTリンパ腫、胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。

非結核性抗酸菌症の適応症は、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症などの非結核性抗酸菌症です。

クラリス錠の用量や用法は、治療する病気や患者さんの症状などによって違いますから、医師の指示に従い、正しく服用してください。

一般的には、一般感染症と診断された成人の患者さんの場合、力価1日400mgの分量を2度に分け、クラリスロマイシンとして経口服用します。

非結核性抗酸菌症と診断された成人の患者さんの場合、力価1日800mgの分量を2度に分け、クラリスロマイシンとして経口服用します。

クラリス錠を服用してはいけない患者さんを判断するために、3つの禁忌について紹介されています。

以前にクラリス錠を摂取した経験があり、過敏症の既往歴がある方。

腎臓もしくは肝臓に障害を持っており、現在コルヒチンを処方されている方。

タダラフィル(アドシルカ)、エルゴタミン含有製剤、ピモジドを、現在摂取している方。

これらに該当する方は、病院で診断を受けるときに、医師に伝えておきましょう。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ