ミノマイシンの通販

ミノマイシンの梅毒への効果について

抗生物質「ミノマイシン」の『梅毒』に対する適性。

まず、ミノマイシンの成分や効果についてですが、ミノマイシンの一般名(成分)はミノサイクリン塩酸塩。

ミノマイシンは、おもに細菌性感染症の治療に用いられ、ペニシリン系およびセフェム系抗生物質が効果を示さないマイコプラズマやクラミジア、リケッチアにも有効とされる抗菌力の強い薬剤です。

体内に侵入した細菌の蛋白質合成を阻害する効果があり、これによって様々な感染症の症状を治療します。

続いて、『梅毒』について。

梅毒は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマによって発生する感染症で、数ある性病の一つ。

人工条件下における培養が現段階では不可能とされており、病原性のメカニズムは未だ解明されていないとされる病気です。

理由が判明してはいませんが、ウサギの睾丸内での培養は可能であるとされています。

悪化すれば死亡する事もあるそうですが、現在では抗生物質の発達によりそこまで進行してしまう事は非常に稀だそうです。

さて、この『梅毒』に対する『ミノマイシン』の適性ですが、ミノマイシンの効能/効果欄には以下のようにあります。

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(前立腺炎<急性症>、前立腺炎<慢性症>)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、淋菌感染症、『梅毒』、腹膜炎、感染性腸炎、外陰炎、細菌性膣炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、炭疽、つつが虫病、オウム病。

『』で囲んだ点をご覧頂けましたでしょうか?

ミノマイシンの適応症の中に、“梅毒”とあるのが確認出来ると思います。

ミノマイシンは、特に細菌に対して強い効果を発揮する薬で、梅毒トレポネーマに対しても効果があるという事がこれによって判ります。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

ミノマイシンを安全に購入

  • 正規品のご案内


このページの先頭へ